最近の記事

2008年07月15日

続編!『皮膚がかゆい女性』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。




今日は、じりじりと日差しが強いですね!



真夏日になるのかなあせあせ(飛び散る汗)




本日も頑張っていきましょう!





今回は、小さい頃からアトピー性皮膚炎で悩む18歳の女性の施術の続編です。




脚の方の施術が終わり、お腹に差し掛かると・・・





Y様「い、痛いです。」




思わず声が出てしまったようですが、


みぞおち〜おへその間から硬くなっています。


さらにおへその両側、また下腹部にかけて軽くふれて検査していきますとこちらも痛みがあります。(アトピーの方に共通しています)



おへその左側には、


「ドクッ、ドクッ」



と、脈打つ動悸が指先に感じられます。



これは、漢方で言うところの『水毒』または『水滞症』の表れです。




簡単に言いますと、水分代謝が良くないのですね。



おしっこは出るにしても、

をあまり全身からかけないがその割りに水分は多めに、あるいは無理して取っているような方に多いですね。


入ると出るのバランスが悪く、余計な水分がカラダに、また細胞に溜まってしまっている状態です。バッド(下向き矢印)




『手当て』施術を行い腹部のリンパ液、血液の流れの滞りをなくしていきます。



カラダ中の液流の流れが改善されてくると、





Y様「カラダが、すごく暖かいです。」



お腹の硬くなっていた筋肉がやわらかさを取り戻してきました。




私 「どうですか?今度お腹を押しても痛くないでしょう?」




Y様「はい、痛くないです。あたたかくて気持ちいいです。」




今度は、問題であろう『副腎』免疫活性化をおこなって、ホルモンの流れを促進させます。




腹部の施術が終わると、




胸腺部まわりの免疫機能低下部を探っていきます。



ぞくぞくと見つかってきました。




すべて処置を行ったところ、カラダがかなり楽になったようです。




Y様「すごく楽です。軽いです。」





1週間後。




私 「お肌の方はどうですか?」




Y様「はい、全然かゆみが出ませんでした。肌もきれいになってきています。」




2週間後。




「あっ!Yさん、ずいぶん良くなりましたね!」





ご本人が一番気にしていた・・『ト・コ・ロ』




お顔のまぶた〜眉付近炎症がまったく消えてしまいました。




がく〜(落胆した顔)



本当にお顔が輝いて見えました!





(自信を取り戻されたんだな・・)





さらに・・・




Y様「生理が始まったんですが、痛みが少なくなって、いつもよりずっといいんです。」





また一人、コンプレックス的な悩みから若い女性を救った喜びに満足するセラピスト佐藤でした。ぴかぴか(新しい)






Y様「あの〜、でもまだ便秘するんです。」




・・・・




このカルテまだ続きます。











posted by セラピスト佐藤 at 13:56| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。