最近の記事

2018年06月16日

カルテNo.341 『緊急施術!・・・前代未聞?お尻の○○の締め付け痛みに悩む女性を救出せよ‼』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


いつも、お読みいただいてありがとうございます。

あなたのアクセスが、私の執筆の原動力です今後もよろしくお願いします。


主に、頭痛・肩こり・腰痛・ひざ痛だけの一般的な整体院と違い、

当院には、普通「えっ?」と言うような様々な痛みや悩み、症状の方も
多くご来院されます。

それは私が望んでいるからかも知れませんが、沢山の結果を出していますよ。


今週は、前週のカルテの続き(声枯れ)の予定でしたが、

一本の☎電話が入って・・・


「お尻の尾骨が、中の直腸が締め付ける感じで痛むんです。予約空いていませんか!?」


声からして30代ぐらいの女性(M様)で遠慮がちにお話しされますが、どうも困っている感が
伝わってきます。

あいにく、予約表を確認すると夕方からは埋まるのが早く空きがありませんでしたが、

なんとか、調整できそうでしたので

翌々日に来て頂くことにいたしました。


ご予約当日
症状について伺ってみると、やはりどこに行っても原因不明で痛みは取れなかったようです。

半年前から直腸の締め付けによる痛みが起き始め、
最初は深夜だけだったのが、最近はいつも痛い。

M様は、整形外科、婦人科、消火器内科、脳外科、肛門科と廻って様々な検査を受けても
問題は発見されず、最後は心療内科を打診されたそうです。

大きい病院の医師でさえも

レントゲンやCT、MRI、内視鏡、血液検査等々でも写らないということは、

原因・問題が発見できない、診断がつかないということになるでしょう。


当院は、自称 “総合整体院” ですから病気やケガでなければ
様々な個所を“脳反射スキャン法”検査することで、
ご依頼者の体からの訴え(反応)に耳を澄まして、必要なる調整を行います。

まずは、“脳反射スキャン法”M様尾骨の痛みとなっている直腸について
情報をキャッチしますと、脈管機能(血管、リンパ管、神経管等)に異常ありです。

※これは病気の異常ではありませんから(傷でもない)医療の検査機器には映りません。


まさに直腸の締め付けによる痛みが起きているのは事実。

しかし、直腸単体で起きているトラブルなのか?他の臓器からのしわ寄せなのか?


答えは・・・他の臓器、さらに調べると“右の卵巣”で反応。

(右卵巣?)

なぜ右卵巣に反応するのかを調べるまでは、時間的余裕がありませんでしたが
そこに負担が掛かっているのは間違いありません。

右卵巣の調整で、直腸のトラブルサインが消えたことを確認。


私 「直腸の締め付けと尾骨の痛みは、いかがですか?」


M様「止まりました・・・尾骨も痛くないです!」


私 「と、いうことです。ここからは、負担が掛かった原因を調べてみます。」



そのアレルゲン(悪化因子)として出てきた答えは、“人間関係” でした。


私 「Mさん、痛みが起き始めた半年前に人間関係で何か思い当たることがありませんでしたか?」

そうお聞きしたら、まさにビンゴ!


M様「半年前に・・・ありました。その人は、私が悪口を言っていると誤解してトラブルに。」


私 「やはり、ありましたか。その緊張・ストレスで(何故か)右卵巣に負担が掛かって直腸にしわ寄せがいったようです。」


さらに、ここで奥義

私 「すぐ戻りが出ないよう、右卵巣からそのアレルゲン(波動)を除去します。」


人間関係において、
「波長が、合う合わない。」と言うように、波動が飛び交っているのでしょう。


本日のカルテ、これにて一件落着 


また来週。
















続きを読む


posted by セラピスト佐藤 at 00:25| 山形 ☁| Comment(0) | お尻が痛い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。