最近の記事

2017年11月24日

カルテNo.321 『腰部脊柱管狭窄症で悩まれる方が、施術後は楽々歩いてお帰りになる不思議な光景!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


類は友を呼ぶ!ではないですが、病気・症状で苦しんでいた方は
同じ辛さを持っているお知り合いやお友達がいらっしゃるようです。


前回ブログの、『腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)』
立ち止まりながらしか歩けなかったH様が快方に向かっており
お知り合いの方のK様(77才女性)をご紹介くださいました。


「腰が痛くて歩くのが大変なんです。何回注射を打っても効きません。最近は膝も両方痛いんです。」


自己申告カルテを拝見しますと、
5年前から『腰部脊柱管狭窄症』病院🏥で診断されています。

K様のお話では、
注射や薬リハビリも通ったけど、その場しのぎにしかならなかったそうで
症状は変わらず現在に至っているとのことです。

他にも痛みの訴えは続きます。

K様「ここの股関節も痛い時があるんです。」

両股関節の前の部分を指で差して教えてくださいます。さらに・・・

K様「左足の親指が、ずっと痺れています。あと、歩くと両足の薬指と小指の付け根の所に石でも入っている感じでゴロゴロするんですけど触っては判らないんです。医者でも判りませんでした。」


K様ぐらいのご年齢になると、
症状がある人というのは、まさにあちこちという感じなのかも知れません。

K様の口からは、次々に出てきます。

私 「解りました。すべて承ります。ただ、長期の症状が一回で全て無くならなくても変化は必ず起きます。優先順位に従って施術していきますので、時間内でしたら他の所もやっていきます。」

効率良く進めるために、腰の痛みと関連しているような所から始めました。

例えば、左足の痺れや股関節の痛み、両足第4、5指の違和感は、直感的

『腰の痛みと同じ原因』ではないかと感じました。

と言うと、「腰部脊柱管狭窄症が原因?」と、皆様は思われるでしょう。


確かにMRIを撮って医師から説明されたように、患部では老化による骨の変形が
起きているのは、そのままの事実だと思います。

しかし、私の考えでは
それが患者さんが訴えている『痛みの原因とイコール』とは限らないということです。

それは、これまで色々な方の様々な症状の依頼を受け、
脳反射スキャンでご本人の脳から発している情報を受け取って施術してきた結果からです。

またそれは・・・
実際に腰の手術をしても、痺れや痛みが完全に取れないという方も
沢山いらっしゃることからも言えると思います。

早速、脳反射スキャンで痛みの原因の検査を始めますと

肝臓と膵(すい)臓が関係しているようです。病気ということではないですが、
負担が掛っている。あるいは、お疲れであるということを表しています。

それぞれから下行結腸と回腸に、しわ寄せがあって

『股関節痛』『足裏の違和感』の原因にもなっているようです。

肝臓と膵臓の調整を実施しましたところ、『股関節痛』『足裏の違和感』
消えたのを脳反射スキャンで確認。

次に上半身からの原因を探ると、左後頭部内と心臓での緊張をキャッチ。
肺機能にも影響が出ています。

こちらも調整後、ベッドの脇に立って頂きました。

私 「いかがですか?腰の痛みと重い感じは・・・?」

K様「!?・・・無いです!うそみたいに軽いです。」

私 「私は、腰は触りましたか?」

K様「いいえ、全然。腰だけでなく股関節も動かしても痛くなくなりました!」

「足の親指の痺れと足裏の違和感は?」

K様「今は無いです。なくなりました。」


意外に、前回の方H様より順調に調整が進みました。まだ時間があったので
膝の方調整して痛みが消えました。

K様の表情は、もう完全に治ったかのような喜びの雰囲気です。


完全に安定して良くなったわけではないことを伝えましたが、
本当に嬉しかったのでしょう。

次のご予約を頂きましたので、経過を見ながら進めていきます。




今週の1枚
高校生の娘が、修学旅行に関西方面へ行って来ました。
以前、家族で横浜の日清カップヌードルミュージアムに行った時、
お土産に自作の『マイカップヌードル』を作りましたが、
今回は、大阪で娘が・・・


20171124_122653.jpg
上手いね!一瞬本物かと思ったよ(ホメ過ぎ?)


本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 21:06| 山形 ☔| Comment(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。