最近の記事

2017年06月07日

続編! 『原因不明シリーズVol.7 /糖尿病・・・インスリン治療後から発生した痛みから救え!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前週の続きです。
娘さんに連れられてご来院したK様は、医師から糖尿病1型という診断を受けており
インスリン注射による治療を行っているということでした。

@治療後から体のあちこちに発生し始めた痛みの原因と解消
A糖尿病からくる脚全体の痺れの解消 

というハードルの高いご依頼内容です。

脳反射スキャン法検査しますと、
やはり痛みの原因インスリン注射ではないようです。

Aの脚全体の痺れと同じ原因で、インスリンを出せなくなった膵臓(すいぞう)
からの影響とキャッチしました。

そこから、上行結腸・下行結腸(共に大腸の一部)へと影響して
脚の痺れを作っているのでした。


先に膵臓の血流が良くなるよう調整

さらに、痺れを止めるための調整ポイントをK様の脳からキャッチ。

顔面(骨)にあるということです。しかも目よりも下方の中心線上と出ます。


両目を結んだラインより下から人差指で辿っていくと、

『人中(じんちゅう)』というツボに相当するポイントで指に反応有り。

押圧時間、真下に2秒! 安静時間3分

私は3分間席を外し、頃合いを見て戻りました。


私 「いかがですか?痺れの方は?」


K様「消えました!さっき押してもらった時から段々弱くなっていって今ありません!」


どうやら成功です。ずっとあった痺れが今無いということです。
(※一回の調整だけですから、まだどのくらいもつのかは判りません。)

しかし、痺れで困っていたK様にとっては大きな変化です

が悪くてや骨盤がずれて起きていた痺れとは訳が違いますから・・・
通常は、このようなことができる施術家はごく限られていると思ってます。

次のご来院経過を確認します。



セラピストの、ちょっとイイ話
昨日、数ヶ月の割合でお見えになるM様(20代女性)
背中から脇腹の違和感で午後一番ご来院されました。
施術後は違和感が無くなって少し会話していたのですが、

実は、昨日朝の時点ではご予約が一杯だったのです。
しかし、その30分後にキャンセルが出まして、そこが午後一番だったのです。

そこに間(かん)おかず、M様からご予約の電話が入ったのでした。
少し早ければ、「すみません、一杯です。」とお断りしていたわけですが、
その電話するタイミングも、M様は一回掛けようとして
「今じゃないな・・」と、とどまって30分後に掛けたことで
予約が取れたのです。

偶然なのかと思いきや、小さい頃からそんなことばかりで
「自分は、運が強い!」と、理由はないけど妙に思い込んでいるそうです。

お話をお聞きしていて、
「やっぱり思い込みって凄いんだなあ。」と、私は感心することしきりでした。

良きにつけ悪しきにつけ、
 自信(繰り返す)➡確信(焼き付く)➡信念(パワー)➡具現化する。

自己啓発の本には、このようによくあります。
しかし、これだけではなくM様には予知能力的なものもあるような・・・

現在お住いの家を新築中だそうですが、M様10年位前から
「家を建て替えても長く住めない気がする。」と家族に言っていたそうです。

この度ご縁があって、今年の秋に九州へ嫁ぐそうです。 (マジですか〜)


本日これまで!また来週。









posted by セラピスト佐藤 at 21:50| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。