最近の記事

2017年05月19日

カルテNo.302 『歌っていると背筋がすごく疲れてしまう!?・・・の傾向と完全対策』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


GW直前にあのビートルズのポ−ルマッカートニーが来日公演
しましたね。
当院のお客様が行って来られてすごく良かったと喜んでいらっしゃいました。

74才で、一度もステージから引っ込むことなく30曲歌ったそうです。

そのパワー、エネルギーには、感嘆の言葉しかないですね。
私もぜひ、あやかりたいものです。



ということで、本日のご依頼

「歌っていると、すごく背筋が疲れてしまって悩んでいます。」



M様(40代女性)は、趣味で合唱に力を入れていらっしいますが、

立って歌っている時間が長くなると、背筋がつらくなってくると
おっしゃいます。

頑張って歌っていると声量的にも精一杯のようで、なおさら背中にくるようです。

他にも・・・
〇歩いていると腰が下に落ちてくる感じがする
〇右腕が痛い、手指が痺(しび)れる
〇夜中に右首肩の痛みで目が覚めるetc.


脳反射スキャン法で調べますと
右後頭部の血行など関係していることが判りました。

そしてにも空気が全体の2割程度しか入っていません。
これが頑張って歌うと苦しくなってくる、声量が続かない原因です。

また、どうも痛みや痺れのトラブルが右側に偏っている傾向です。

さらに、脳からの情報をキャッチしていくと原因は、

『右坐骨』のプログラム的エラーでした。

※本来、床やイスに座った時に自動的に坐骨が少し上がってくるのですが、
 正常に上がってこないので痛い。
 お尻だけでなく腰や背中、首肩まで影響します。さらには自律神経系ホルモン系
 にも影響。私もこの影響で起こる様々な症状を調整してきています。
(脳の方の認識にプログラム的エラーがあると言われています)

そこで、右坐骨のプログラムリセット調整を実施。

変化しました!!(これは、調整技術の中でも大技です)


M様「背筋がピンとしたのが判ります!肩も首も軽いです!」


私 「さっきまで肩を下に押すと下がって体がグラグラしていましたが、今度はどうですか?」


事前に、現在の状態を検査で確認してM様に自覚していただいていました。

M様「肩に力を掛けられても、全然からだがグラグラしないです。背中がすごく楽です!」


どのくらい変わったかと言いますと、

M様の両肩に、私が両手を置いて私の全体重を乗せられるぐらい
背骨のパワーが入ってしっかりしているのです。

イコール、背骨にパワーが入ると背筋を今までのように
無意識に頑張る必要がなくなるのです

ですから、疲れは半減します。

その他、肺の空気が満タンに入るように本来の声量に回復調整。

◎体の片側に、首・肩・背中・腰の痛みや原因不明の症状が頻繁に出てくる。
◎他の人と同じこと(仕事・遊び)をやっても自分だけ倍ぐらい疲れている。
◎イスに長く座っているとイライラしてくる。お尻が痛くなる。

私の経験では、3割近い方にこのようなことが起きています。

早くこのトラブルから脱出したい方は、ぜひご予約いただきたいと思います。

『あなたのビフォ−アフター』を解りやすく説明しながら調整します。


調整後から、この場で大きな変化楽なお体を体感して
大きな感動を得ることでしょう



本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 20:41| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 背中痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする