最近の記事

2016年10月29日

番外編! 『セラピストの休日!・・・ 一泊3日!?徹夜でお祝い〜栃木への旅』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

知人であり友人の小林氏(栃木県在住)から、ご自身で経営している

『鉄板焼居酒屋・やきやきや宇都宮店』 が、開店10周年でということで

盲導犬チャリティーを兼ねた「記念ゴルフコンペを開催」の案内を先月頂きました。


開店10周年というお祝いのイベントですから、参加のため日曜日に院の方を臨時営業をして

代わりに
翌々日、火曜日のAM3:00に鶴岡の友人の高田氏と高速ICで待ち合わせして

私の運転で栃木へ向かう予定となりました。


高田氏は、鶴岡市役所の近くで『居酒屋たかもり』を経営しており、地元で大変人気です。
お店は月曜日は定休日なのですが、その日は臨時営業をして終わってから
そのまま寝ないで移動してゴルフコンペに参加するということでした。
(もう60才過ぎているのに!)

私は、月曜日は休みを取っていましたので運転を任されたのですが、
早い時間にはなかなか眠れず結局、出発の時間となり
私も高田氏と同じく徹夜となってしましました。




20161027_100705.jpg
コンペ会場は、茨城のゴルフ場でマイクロバスで移動。
天気は最高で、スタート前に皆さんで1枚。私は向かって右側中列




20161027_101201.jpg
昼食は、カレーにしましたが、その他にフライ物や漬物
フルーツなどもバイキングとなっておりました。(カレー要らないね!)

午後からは、曇ってきましたが何とか最後まで天候が持ちました。
徹夜のゴルフは初めてでしたが、不思議と元気!(アドレナリン分泌?)
私にとっては久しぶりの好スコア『98』で、体調を管理すれば
寝なくてもゴルフ出来ることを覚えました。
ちなみに同組の高田氏はメタメタ・・・(年の差か!?)




20161027_101134.jpg
夕方からは、写真の小林氏の『やきやきや』にて反省会。




20161028_091358.jpg
二次会は、懐かしい昭和風のスナックへ。

皆さん熱唱していますが、
私はスナックのママや大ママの体の不調治しの整体を披露中。
(靴を脱いでもらい、足の甲のみで調節する奥義にて。)
お悩みの症状が『足のしびれ』ということでしたが、取れ始めて感激。
母娘で「山形に受けに行きたい!」とおっしゃっていました

私の場合はどこでも仕事の宣伝が出来ますね。道具が要らないですから。




20161027_101638.jpg
翌日は、宇都宮で一番人気の餃子屋『みんみん』に小林ご夫妻から案内していただきました。
こちらが、本店です。




20161027_101527.jpg
『みんみん』の二軒隣のお店。
ここも大人気店ということです。
(この時間は店外まで行列していませんでしたね。)




20161028_091244.jpg
焼き餃子、揚げ餃子、水餃子と、ホント美味しかったです。
ご馳走になってお土産までいろいろ頂いて感謝感激!

国内
なのに、一泊3日 大満足の小旅行でした。

本日これまで!また来週。












posted by セラピスト佐藤 at 20:21| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

解決編! 『軟骨の減りではない原因不明の膝裏痛!しゃがめない女性の原因はあっと驚く!!・・・の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日は、首が大変凝っている女性がお見えになりました。

女性と言っても、20代半ばの若い女性です。

「こんなに!? 仕事中に、かなり緊張していませんか?」

女性「え〜、心当たりあります。」

しかし、ご本人は首が凝っている自覚があまりないのです。
(肩が凝るのは自覚あるそうですが。)

こんなつらい状態で毎日過ごしているのか・・・と、調整しながら
若いのに可哀想と思えてしまいます。

ご予約くだされば、原因を見つけてマッサージで取れない凝りも
取って差し上げますので、
超軽くなって若さをエンジョイしてください。



さて、前週の続きでY様膝裏痛『解決編』です。

2年以上も、痛くてしゃがめない生活を送ってこられたY様ですが、

最近は、膝の腫れもあると。

それも今まで「左膝が腫れていた」かと思うと、最近は「右膝が腫れた」という

『不可解な腫れ』??


『骨盤調整』だけでは、やはり膝裏の痛みは取れませんでした。

そこで、脳反射スキャン法で検査。


すると・・・大元の原因で出てきたのは、なんと “心臓” でした。

心臓が病気なわけではありませんが、一部トラブルが発生していることを意味しています。


私 「Yさん、あなたの脳からは原因は心臓にあると信号が出ています。何か心当たりはありませんでしたか?」


Y様「心臓ですか・・・? 心臓は健康診断でも引っかかったことはないです。」


私 「そうですか。心臓は、英語で “ハート” とも言います。ハートにダメージを受ける様なことはありませんでしたか?」


Y様「主人が数年前に、急に病気で入院しました。」


私 「そういう事があったのですか。その頃からでないですか?膝裏痛でしゃがめなくなったのは?」


実際に、最初に痛くなり始めたのは3年前からでした。ドンピシャです。


その時の、強い緊張や不安があったのでしょう。それが、心臓に受けたダメージ💥だったのです。
(※強い緊張は、臓器の血管も緊張させます。)


ご主人は、今は回復してお元気だそうです。

でも、奥さんにしてみれば、すべての不安がぬぐいきれるものではない
と思えるのです。


心臓をダメージから元気にする調整を行いました。


私 「では、ゆっくりでいいですから、静かにしゃがんでみてください。」


Y様は今度、壁やベッドなどに手を付かずにしゃがんでいっています。

最後の所で、

Y様「あぁ、ちょっとここからは痛いです。」

と、おっしゃいながら数回試みます。

何しろ2年以上ですから、膝周りの筋肉のこわばりが一気には解けません。

しかし、遂に。

Y様「あぁ、しゃがめます!痛くないです!」


私 「出来ましたね!Yさん。ではベッドで正座も出来るかしてみて下さい。」


なんと、しっかり普通に正座が出来たのです回復した瞬間です。
右膝を確認してみると、先ほどよりも腫れも引いてきていました。

ロイヤル整体院で、日々の施術の中で起きている小さな奇跡の一幕でした。


Y様は、まだ信じられないという表情でした。
これがまだ2回目の施術だったからでしょうか。

喜びはきっと後から。



今週の1枚
お休み。


本日これまで!また来週。





posted by セラピスト佐藤 at 17:25| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

カルテNo.286 『軟骨の減りではない原因不明の膝裏痛!しゃがめない女性の原因はあっと驚く!!・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。

人の体の不調は、予想もしなかったことに起因していることが多々あるのです。

整形外科で、レントゲン撮って、電気を掛けて、痛み止め注射、ヒアルロン酸注射、
さらにリハビリしても・・・
もし、良くならない場合は当院ご予約してみてください。


「膝裏が痛くなるので、怖くてしゃがめないんです!」


こうおっしゃるのは、お嬢さんのご紹介でいらっしゃったY様(50代女性)です。

Y様は、膝裏痛で2年以上も正座が出来ないどころか、しゃがむのも膝裏が痛くなるのが怖くて出来ないということです。

3年前に痛みが出はじめ、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ
骨や軟骨に異常なしの診断だったそうです。


それから半年間、リハビリに通って『筋肉』をつけるように指導を受けて頑張ったとのこと。

それでも、症状の方は一向に改善効果が見えず・・・。


またそれだけでなく、しばらく前には『左膝』が腫れてきていて、最近では

今度は『左膝』でなく『右膝』が腫れてきたそうです。

この事を伺って、


(私 「んんっ?これは、普通の筋肉系の膝裏痛では無いな。」)


と、思いました。

医学的には原因不明でしょう。

しかし、おかしいですよね。膝の腫れが左だったり右に変わったり。

こんな、体の不思議な現象が、実際にあるのです。


まず先に、骨盤のズレや歪みをなくすために『骨盤調整』を実施


私 「いかがですか?しゃがめそうですか?」


Y様は、ベッドや壁に手を掛けながらそーっと、しゃがみ始めます。


Y様「痛たっ。まだ、痛いです!」


途中までは、施術の前に確認した時よりも良かったですが、
まだ、きちんとしゃがむまでは全然いきません。


骨盤を調整して揃えても、少ししか良くならないということは
それ以外のもっと別な原因があるはずです。


この原因を解明し、症状を消さなければなりません。


そのための、セラピスト佐藤の “次の一手” は!?


きっと、予・想・外・です。




今週の写真館
ホント5〜6年振りに女房と山寺に行って来ました。
私の目的は、参拝というより体力づくりのためです。

20161010_131457.jpg
連休とあって、県外からの観光客が次々と見えていました。




20161015_200644.jpg
立石寺と反対側にある『風雅の国』にて記念に1枚。
コーヒーを飲もうと来てみたら、
なんと10月1日〜休館(レストラン等)となっていました。
こちらの方には、お客様があまりいらっしゃらないのかも。




20161011_130152.jpg
テレビ番組で、ゴルゴ松本が“激辛ラーメン”を食べているのを見たせいか
翌日、私も無性に食べたくなって『鬼からしラーメン』へ。
こちらも久しぶりです。
ご飯も付けて、満足でした!(食い過ぎか!?)



本日これまで!また来週。

posted by セラピスト佐藤 at 14:02| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

カルテNo.285 『脚の痛みが取れない!? 痛みの原因は筋肉を通り越して骨にまで・・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


毎日、施術にあたっていますと様々な症状の方がご来院されます。

半数以上の方は、
「病院に行ったが、原因が分からなかった。」

「いろいろ接骨院、整体院に通ったが、あまり変わらなかった。」


と、いう方です。

つい先日は、膝裏が痛く!二年間も正座どころか、怖くてしゃがんだことがない女性がご来院。
こちらは、次週のブログの予定です。



さて、本日急なご依頼でご予約くださった方は・・

「右の腰と、太ももの後ろからふくらはぎまで痛いんです。」


こうおっしゃるのは、2年前に正座が出来なくて5回ほど通われたK様(60代女性)でした。


K様は、現在も仕事を持っており(立ち仕事)、またお孫さんの世話もしているということでした。


K様「あれからずっと良かったんです。でも、1ヶ月位前から腰と脚が痛くなって・・・。」


早速、
足裏の骨の位置から順に両脚、股関節、腹部まで筋肉や、

関節をつなぐ靭帯や腱を検査していきますが、ほぼ問題のない状態。

私 「硬くなっていて痛い所などあまり無いですね。」

K様「はい、気持ち良いです。」


さらに調べると、骨盤のズレがわずかにありますので高精度の骨盤調整を実施。


私 「では、ベッドから降りて確認してみましょう。いかがですか?」


K様「あっ、良いです!腰も脚(あし)の後ろも痛くないです。」

(私「おお、これでOKかな?」)


K様「でも、太ももの前のここが痛いです。」

なんと、右太ももの前面の外側(骨の硬い部分)を指で押すと「痛い」ということです。

ここは、最初の主訴ではなかった個所です。


一番痛かったところが解消することで
次に痛かった所が自覚できてくることがあります。正にこれです。


ここからが、ちょっと一苦労だったのです。すぐ気付けば良かったのですが・・・ 

最初に検査した時にそこの筋肉には異常がありませんでしたので、

別の所に原因があってそこに痛みが及んでいると考え、反射ポイントを探していました。
※反射ポイント・・そこの痛みの原因または関連ポイント。(触れば双方同時に良くなります)

そのポイントは、右の上腕三頭筋(二の腕の裏側の筋肉)にありました。
かなりこわばって硬くなっています。(ここか!?)

ここを施術し、すぐ柔らかくなりました。しかし、


K様「まだ押すと、ここ(太もも)が痛いです。」

(私「んんっ!まさか!?」)


私がピン!ときたのは、K様が「痛い」と言っている『骨』そのもの。

そう、『骨膜(こつまく)』です。筋肉の奥の、骨の膜に問題があったのです。

※骨にあまり負担が掛ると骨折やヒビが無くても、骨を被っている膜に異常が起こります。

これを奥義により修整しますと、やっと

K様「ああ〜痛くないです。脚が軽いです!」


普段、立ち仕事で仕事以外ではお孫さんの抱っこやお世話。

知らず知らずかなりの負担が掛っていたのですね。

「お孫さんの抱っこもほどほどに。」と、言おうと思いましたがやめました。

それは無理ですものね。

かわいい孫に求められれば。


以上、一件落着



今週の一枚
嵐の二宮和也くんが、山形『文翔館』に来県!?

映画🎥『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』が来秋公開予定で
その共演者西島秀俊さん(ラ王のCM)がロケに来ている
と娘のツイッターに。しかし、それは昼12時の話で
実際には朝の9時から始まったようで、現地に娘と着いた時には・・・




20161003_231306.jpg
撮影に使われたと思われる年代物の車が2台でした。
(何人かツイッターを見て集まってきたような人がチラホラと。)
残念!もっと早く教えてくれー


本日これまで!また来週。



posted by セラピスト佐藤 at 11:41| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 足の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする