最近の記事

2016年09月30日

カルテNo.284 『肩こりと、肩が苦しい・肩が痛いは違うのを知っていましたか?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近、あの8月後半の台風以来、雨の日が多いですね。

気圧が低いと、また太陽の光を浴びないと、体とキモチに影響します。
なんかどんよりしてしまいますね。

さて、今度の日曜日開催の“山形まるごとマラソン”
出場するお客様が言っていましたが、山形は全国でも人気が高いそうです。

スタートからゴールまで沿道の声援が絶えないからとのこと。

ランナーにとって、すごい励みになるようです。


つい先日の山形名物 “日本一の芋煮会フェスティバル” 

場合によってはマラソンも
雨模様ということですが、何とかもって欲しいですね。



「肩が苦しくて、気持ち悪いんです!」


こうおっしゃるのは、M様(30代女性)です。

自己申告カルテを拝見すれば、
げっぷも出やすい、便秘と下痢を繰り返す傾向にあるということですから

(「胃腸も良好な状態ではないのかも・・・?」)


と、思いながらカウンセリングを進めます。

その他、お腹や足の冷え背中の痛みもあり。


私 「気持ちわるいのが出るようなったのは、いつからですか?」


M様「10日ぐらい前からです。肩の苦しさが左右交互に起きるようになって・・」


主訴は勿論ですが、お腹にも不調があるようですから足の方から
調べていきました。

お腹などは、硬い個所もありましたので施術で柔らかく。


また、肩には触ってみても、それほど硬くなっているわけでもありませんでした。

では、『左右の肩に交互に起きる苦しさ』『気持ち悪さ』原因

結びつけるには・・・?


これはどう見ても一般的な肩こりとはちがいます。
10日の間に交互に起きるのですから。


ここからは、“脳反射スキャン法” で検査します。

M様の脳から発している情報をキャッチすると、答えは


『左右後頭部の血流トラブル』でした。

もちろん、血管の太い所で起きているような重大なトラブルではありません。


起きているのは脈管です。脈のように細い血管部分の血流を差しています。

恐らくMRIでも判らない程の微細な部分だと思います。


さらに、右中葉(右肺の真ん中)と左上葉(左肺の上)に空気が

半分ぐらいしか入っていない情報もキャッチ。

今までの経験から肺の空気が抜けている反対側の背中が痛くなります。


体の重心軸の調整を行って、

私 「いかがですか?変化が分かりますか?」


M様「・・・あっ、気持ち悪い感じがないです。鼻が通って呼吸もしやすいです!」



どうやら、今は症状が消えて良い結果となりました。

1週間ほど経過を見て、さらに調整すると安心だと思います



今週の1枚
久しぶりに「手打ち蕎麦処 登貴三郎」にランチタイムに
行って来ました。




20160930_121645.jpg
もり蕎麦(700円)を注文。
蕎麦は、茹で加減も最高でコシがあり
それに負けないどっしりとした汁(つゆ)で
頂くと、高級な料理にさえ感じてきます。
(以前より、盛りが増えた気がします)
しかし、私が帰る頃残念ですがノーゲストでした。
私的にここのは、蕎麦としては究極に近いと思います。
美味しさは、感動ものです。



時々行く合同庁舎近くの「まるごまるご」の、もり蕎麦(650円)
登貴三郎とは完全に相反するような営業方針で
スピード(10秒)と量(普通盛で1.5倍)です。
お腹空いていると、普通に旨い
こちらは、いつもほぼ満席回転です。

よそ行きの食事か日常の食事を提供するか
コンセプトの違いで天と地の差が出てしまう。

「まるご・・」は、だいぶ年季の入った蕎麦屋さんです。
テーブルは、ガタガタするので足の下に段ボールを
挟んであります。でも、お客さんには関係ないみたいです。

何を店主は本当に売りたいのか、その対象はどんなお客さんか?
都会田舎でも違います。
商売には自分の思いだけでなく、マーケティングも大事ですね



本日これまで!また来週。













posted by セラピスト佐藤 at 13:28| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 肩の痛み・肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

カルテNo.283 『1年前、薬、薬、薬! 一年後、薬全部やめられた!女性』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


テレビや本などの影響で、『骨盤信仰』が世間の方には高いようです。

足が痛くてある整骨院に行ってきたという女性は、
ずれていた足の長さを揃えた骨盤矯正
毎回高額の施術料を払ってきたそう。

簡単な症状でしたらそれでも軽くはなるでしょうが、
3日前にそちらで施術を受けたという
その女性の状態を検査確認しましたところ、驚いたことに
足の長さが揃っているだけで、他はどこも良くなっていないような状況でした。
(痛い所、硬い所多い)

その女性は、疲労骨折があった足が痛くて走れないという事でした。
しかし、この程度の骨盤矯正では、いつまでかかるか・・・
実際、「良くて3〜4ヶ月掛ります。」と言われたそうです。

しかし、世の中そういう事が多いのかも知れません。

この日、私が施術したところ、なんと女性はその場で走れるようになりました。
イイ感じでした。




さて、
本日のご依頼の方は、『カルテNo.253』で、ご登場のS様です。

前回の締めでは、近いうちに『完結編!』でとお伝えしました。

実は、その後1月10日を最後に9ヶ月間音沙汰がなく

昨日の夕方、久し振りにいらっしゃったのです。


私 「その後、いかがでしたか?」


S様「それが、あれから調子が良くて全然起きなかったんです!」


私 「そうですか、それなら良かったです!随分持ちましたね。」

S様「そうなの!薬も全部やめられたんです。ホルモン補充薬からめまい止め、漢方薬。元々飲みたくないのに飲んでましたけど大丈夫になったんです。」

続けて「それで、あまり調子が良いものだからブティックにパート勤めを始めたんです。そしたら最近呼吸が浅いのを感じたり、フワフワする目まいが起きてきたんです。」


どうやら覚えることが多く、慣れない接客でも緊張が高まったようでした。


脳反射スキャン法
で調べると、
S様の肺の空気は全体の4割ぐらいしか入っていませんでした。(呼吸が浅く息苦しい感じが起きるのも当然です。)
脳内の微細な血流トラブルも、後頭部だけでなく前頭部でも起きている反応でした。

脳反射-システム調整を行い、それらの症状は消えて正常に戻りました。

S様「頭が軽くなりました!あっ、立ってもフワフワしません。」

やはり緊張・ストレスの連続は、あまりお体に良くないですね。

それにしましても、
9ヶ月間も絶好調だったという点、その間に薬をやめても問題なかった点、
これはセラピストとして、とてもうれしいです
(勿論、個人差があると思いますよ)

『完結編!』まではいきませんでしたが、『健康体』へのベクトルは確実

その方向に向かっていることを確認できました。

でも、一番大事なのは本人の「健康になりたい!」という意志ですね。



今週の写真館
親の金婚式ということで、お祝いに
1泊2日で庄内へ行って来ました。



20160922_120739.jpg
鶴岡市美原町の担々麺専門店 “まるたん” で昼食。
(辛いもの好き家族か!?)




20160922_120659.jpg
私は、お店お薦めのノーマルな白ごま担々麺を注文しました。
濃厚でなかなか美味しかったです




旅館に泊まった翌日は、定番の『加茂水族館』へ。
新しくなってからは、私は初めてです。

20160922_120829.jpg
実際に見るとクラゲって綺麗ですね。




20160922_120846.jpg
これは、本当に薄い。光が当たってとても
神秘的です。このクラゲも人を刺すのでしょうか?




20160922_120906.jpg
最後は、アシカショーを観るコースになっていました。
満席で凄い人気です!よく訓練されていて大人も楽しめる
ショーでした。

連休ということもあって、かなりの盛況振りでした。
以前とは、全然違って楽しめました。


本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 18:53| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

カルテNo.282 『腰痛事情2〜「医者に椎間板ヘルニアと言われて・・・」ところが、もう痛くない?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


台風は次々発生しているようですが、山形は奥羽山脈がしっかりと

壁になっているからでしょうね。台風を南に跳ね返してしまうか北にズレて行くので

直撃は今後もないような気がします。守られていますね。


さて、本日のご依頼は・・

「腰がすごく痛くて!医者に椎間板ヘルニアと診断されました。治りますか・・・?」


こうおっしゃるのは、一年前から何ヶ月かの割合でお見えになるS様です。(20代男性)


S様は、自営業で毎日かなりの重労働のお仕事をなさっている方です。

今まで、頭痛や顎関節症、目まい、背痛、腰痛、手の打撲 でご来院されています。


私 「本当に椎間板ヘルニアと言われたのですか?」


S様「はい、もう腰が痛くて我慢できなかったので、一応医者に行ってみたんです。そしたらヘルニアと言われました。」


確かに脚の長さは左右で2cmの違いが出ていますし、痛いご様子です。

(ただのぎっくり腰ではないのかな?)


診断というのは医者によっていろいろな違いがあります。

ひどい腰痛だと、なんでも

『椎間板ヘルニア』と診断するところもあるそうです。

患者さんは、そんな専門用語で言われれば腰が引けてしまうと思いますが、

では、どのような治療かと思えば「痛み止め」「湿布」または「牽引」
などということです。

「これで様子を観ましょう。」

ということで、基本的に保存療法です。


ところが、これで痛みが治まってしまう方もいらっしゃると思います。
本当のヘルニアか怪しいものもありますから。


お体を調べてみますと、
S様のお腹の筋肉はカチカチの硬い状態にありました。

お腹の奥の方の靭帯に負担がかかって弛みが起き、交感神経の緊張から
筋肉の硬直してきたようでした。

これを解消させると、S様は痛みが半分ぐらい取れて

痛みからくる緊張がほどけてきたような表情となりました。

S様「だいぶ楽です・・・」


続いて、右仙腸関節及び左腸骨のズレが少し残っていましたので

こちらも『調整』


私 「では、確認します。Sさん、ベッドから起きてみてください。」


S様は、ベッドに寝た時と違って、すでに動きが良くなっています。


私 「前に曲がったり、後ろに反って確認してみてください。」

実際にやってみると、そのあと笑顔になっています。


S様「あれっ、先生、痛くないです。なんで〜?あんなに痛かったのに!」


私 「と、言うことですね。本当に医者の診断通りヘルニアだったと思いますか?」


S様「え〜どうだったんでしょうねぇ。不思議ですね。先生が凄いからじゃないんですか?」


私 「えっ?いや〜そんなことは・・・あっ、そうなのかな?冗談です。」
 

お後がよろしいようで



今週の写真館
高1の娘が夕食を作ってくれました。

20160915_133336.jpg
リラックマファンの娘のディナープレートは当然
美味しかったです(親バカか?)




20160915_133355.jpg
その娘は、中華料理“廣東”の酸辣湯麺(スーラータンメン)
が、ラーメンの中で一番好きというので家族でランチに。
とにかく熱い!アツアツなので
皆さん、もし注文した際は舌が焼けないように。
★1.5個です!


本日これまで!また来週。





















posted by セラピスト佐藤 at 21:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

解決編! 『咳が治らない!・・・中年期から急増 “大人の喘息(ぜんそく)” に終止符を!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


前回登場は、通称 “大人の喘息” による咳が続いているK様です。

病院🏥で診察し薬を服用し続けているそうですが、昨年12月から半年以上治らず

とうとうネットで検索されて、当院へご来院くださったのでした。


私の『脳反射スキャン』検査法で調べた結果、

肺の酸素不足が起きており、肺全てに深く呼吸が出来ない状態に
なっていました。

原因については、前回お話した通りです。

外的なストレスが様々影響しています。

しかし、これはK様に限った特別なことではありません。

私たちも、知らない間に同様のことが日常的に起きていたりします。
『肺の酸素不足』という概念がないだけです。

調整がすべて終わりますと、


K様「先生がおっしゃるように、呼吸が楽にできるようになったのが分かります。」


私 「咳は夜ひどいということですが、原因に対する調整が成功したことをKさんの脳から反応を確認していますから大丈夫なはずです。できれば念の為、もう一度いらしていただくと良いと思います。」


一ヶ月後
お元気そうにご来院されました。

私 「Kさん、いかがでしたか?お電話しようかとも思っていたのですが。」


K様「ありがとうございます!もうあれからすっかり良くなって、咳がまったく出なくなったんです。」


私 「そうですか!良くなりましたか。おっ!足も温かいですね。冷えがなくなりましたね。」

K様「はい。あと、なぜか体重も2kg減ったんです!」

私 「それはさらに良かったですねぇ!体調が良くなって代謝が上がったのでしょうね。」


その他にも、自己申告されていた症状(げっぷ、痰、トイレが近い、耳鳴り)
なども改善されたということでした。

偏頭痛だけ、生理時に1回だけあったそうです。この日はその原因も掘り下げて調整

また、体の免疫力を向上させるために『腸粘膜の強化』『自律神経バランス強化』をして差し上げました。


これで、K様を半年以上続く悩みからすっかり解放してあげることが出来ました。 

これにて一件落着



本日これまで!また来週。




posted by セラピスト佐藤 at 14:24| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息(ぜんそく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

カルテNo.281 『咳が治らない!・・・中年期から急増 “大人の喘息(ぜんそく)” に終止符を!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


大人の喘息(ぜんそく)ってご存知ですか?

あなたの周りで、よく咳をしているような方はいませんか?

「風邪は引いていないんだけど・・・」

おっしゃるようでしたら、もしかしたらそれは現在成人の3%もいると言われる

“大人の喘息” かも知れません。



「半年以上も夜の咳が止まらないんです。先生のブログを見たのですが良くなるでしょうか?」



たまたま私がお電話☎を受けたのでしたが、お隣の宮城県K様(40代女性)でした。

多分、インターネットでかなり検索なさったのでしょう。

普通は、検索しても病院や医者、健康サイトしかヒットしないでしょうから。


予備知識としまして・・
一般的に、3週間以上も咳が続くようなら風邪やウイルスの原因ではないそうです。
アレルギー系の喘息の場合、ゼーゼーやヒューヒューといった喘鳴音(ぜんめいおん)があります。しかし、“大人の喘息” は、アレルギーでないのでそれがなく主に40代以上で起きているのが特徴です。

ご依頼のK様もアレルギーでないということのですが・・・
病院🏥では、咳止め薬やステロイド吸飲の治療だったようです。
なぜなら、これしか対症療法的にはないので結果的にそうなってしまうと思います。


※子どもの喘息の場合、2歳前後から始まり10歳頃には自然に治まるケースが一般的ですが、大人の喘息の場合、自然治癒するのは1割以下。(出典、ヘルスケア情報/eo健康)


既に半年間もが続いて治らないK様は、今回ネットで当院がヒットして
お電話くださったのでした。

当日、お車で3時間ぐらい掛けて来てくださいました。 ほんと感謝です。

自己申告カルテでは、の他に

・眠れない、寝た気がしない
・首こり、疲れやすい
・偏頭痛
・痰(たん)が多い
・耳鳴り(ボォーと鳴る閉鎖型)
・トイレが近い
・手足の冷え
・左足の裏が立っているとつる。歩くと痛い
・間食

以上の症状がありました。

基本的にはすべて、“大人の喘息” や、その発症原因に関係している
ものばかりでしたから

全てに、1回で結果を出すつもりで施術に臨みました。(速い結果にコミットする!)

最初に、みぞおちから下の方のトラブルを靭帯や骨盤の調整解消


病院の診断名:気管支ぜんそくによる咳こみ、通称?“大人の喘息”
『脳反射スキャン』検査法で、K様の脳からの情報をキャッチしていきますと・・・

やはり、右の肺と左の肺に充分な空気が入っていないという情報です。
(右上葉と下葉、左下葉。)

この場合、肺の方が空気の入りを完全に受け付けていない状態が起きていますので
呼吸が浅く、鼻が詰まり気味で深呼吸しようとしても奥まで深く入りません


先日ご来院した方などは、全肺で2割しか入っていない状態でした。

このような状態では『肺の酸素不足』が起こっており、
体の疲れが取れなくなります。

またこの方は、車の運転などに集中していると、口が開いていることが多いと
おっしゃっていました。この場合、口呼吸になって喉も渇きます。

寝起きで口の中が渇いている方なども口呼吸になっている可能性がある
ので要注意です。


K様の話に戻ります。
なぜ?肺の空気が少ししか入らない現象が起きているのか?

さらに『脳反射スキャン』検査法で調べていきますと

左右後頭部と心臓の脈管トラブル(血流障害など)が起きています。

これは、人によって自然に良くなったり不調になったりを繰り返しています。

すべては、交感神経の緊張などによって血管等が縮んでしまうことで
血流障害が発生するわけです。

外的ストレスとしては・・
仕事、プライベート、人間関係、出来事、ケガ、土地、電磁波、気圧etc.


さて、このトラブルに対する施術結果は!?
次号に続く




今週の一枚
休日に娘の買い物でイモ天に出掛けまして
お昼に『大戸屋』という和食のお店に初めて入りました。
高1の娘のおススメが、和食の店とは意外でした。
チェーン店ということで期待はしていなかったのですが・・・




20160831_200457.jpg
私は、『生姜醤油漬け炭火焼き牛たん定食』1,380円を注文。
娘は、『鶏と野菜の黒酢あん定食』861円と、若いのになんと渋めの注文に
またもや「意外!」と思う父でした。
「野菜を普段あまり食べないのに・・・?」

お互いに交換して娘のも少し食べたら、
「むむっ!?」
「これは、ちゃんと料理している!素材もイイ!」

流行っているわけです。これでは、中高年は大喜びですね。
しかし、若い子の舌も虜にするとは、
「できる!この店は!」

こんな店を選ぶとは、娘の舌もしっかりしている(※化学調味料にやられていない)
と安心しました。

ただ、牛タンは『生姜醤油漬け』も、たまにはいいけど
やはり素材が生きる『塩味が一番』ですね

久しぶりの美味しい店でした。

本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 16:08| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喘息(ぜんそく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする