最近の記事

2016年04月28日

カルテNo.268 『やる気があるのに力が入らない!?・・・スポーツ少女の悩みを解決せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


熊本地震から2週間。余震は毎日続いており、まだ復旧のめどが
立たない事態ですが、今回の災害で
お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。


おととい、2年前に当院に不妊施術で通ったのち妊娠されたA様が突然ご来院

当時、A様は通院後1ヶ月半で妊娠!当院でも40歳にして異例の早さ。
しかし、その後流産に。2ヶ月後からまた通ってくださって4ヶ月後に念の為、体外受精も。
1回で、無事妊娠でした!(※40代の体外受精で初回妊娠確率は8%と言われています。)
男の子で、もう1歳になるそうです。A様は育児休暇を終えて仕事に復帰するとのことで
ご挨拶に来てくださったのでした。ホントにありがたいです。


さて、本日のクライアントの方は・・・


「空手をやっているんですけど、力が入らないんです。」

こうおっしゃるのは、当院で不調から抜け出したS様のお嬢さん(仮名H様13才)です。

H様は、13歳の女の子にしては体も大きい方で、物おじしない明るそうな子です。

でも、やはり今一つ元気がない。


私 「力が入らないとは、具体的にはどういう事でした?」


H様「はい、空手を道場で習っているんですが、2年位前から練習をやっても馬力が出ないというか瞬発力もなくなって力が入らない感じなんです。」

自己申告カルテでは、食欲はあるようです。『食欲旺盛』に〇、間食も。しかし、『眠りすぎる』にも〇があります。


私 「これは、寝ても寝ても疲れが取れないということなのでは?」

H様「そうなんです!起きれなくなるんです。ひどい頭痛も2回ありました!」



なるほど、
私には段々とH様の体に起きていると思われる、ある事情が読めてきました。

おそらく・・・


施術では、既にあるお体の疲労などの取り除きから進めていくと、

H様「あっ!足がか〜るいです!」

次々と体の重だるい感じが変わっていきますので、H様の気持ちも

乗ってきました。


さて、今の状態を軽くするだけではダメです。ここからは

脳反射スキャン法が必要です。

こうなった本当の原因を探さなければ、『悩みの解決』に成りません。


キャッチ出来たH様の脳からの情報は、

やはり、胸(肺)に充分な空気が入っていないことが原因でした。


右側の肺の上・下の部屋(上葉・下葉)の空気が半分未満でした。

これでは、すぐ息切れしてしまうはずです。

本人に確認したら正にそうでした。軽い酸欠状態なのです。


これは、筋肉の回復にも内臓機能にも影響を及ぼし、さらには気持ちの低下まで及んできます。

ひどくなると、恐怖心などから動悸やパニック障害まで発展しかねないです。


以前、『気胸』という病気で手術をしたという方もお見えになりましたが、

「完全には治っていない。」

と、おっしゃっていました。

手術しても!?ということは、これも関係あるのかも知れません。


H様の右後頭部内に血管の緊張があるようでそこが原因の発端とのことです。

そのせいで口の中にも影響が出て、右の噛み合わせも弱くなっていました


体内・重力軸の調整施術を行ったところ、


H様「あ〜、いっぱい吸えます!分かります!」


人間の肺も空気が充分入ると分かります。今まで不十分だったことが。

その点は、お財布の中身と一緒ですね。(一杯入っている時は違いますね。)


肩や首にも頭にも酸素が行き渡りますから、コリや重さも一気に取れます。 

根本部分での解決は、マッサージの痛(いた)気持ち良さとは次元が違います。
(痛いがなくなるから・・)

私 「どうですか?空手の型をやって確認してみて。力入りますか?」

H様「はい!力が入ります!」


完璧!

・・・H様も何かすごく頭病みすることがあったのでしょうね。思春期ですから。


以上、一件落着 (今週もキレがイイね!) 

本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 14:35| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 力が入らない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

カルテNo.267 『ロイヤル整体は女性を救う!? 私、すっごく変わりました!!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近、の到来と共におめでたが続きます
S様、2人目のお子さんの妊娠おめでとうございます!!

昨年10月頃、早目に2人目も欲しいとお聞きしましたが、

その頃、生理周期の乱れがありました。(45日間)

施術を続け、12月に正常周期(28日)に戻りまして現在妊娠3ヶ月。

S様は、お1人目の妊娠までは一年ちょっと掛っていましたので、

私自身、今回の順調な妊娠にホッとしました。


そのS様からは、「3人目もお願いします!」と。わおっ!



さて、本日のクライアントの方は・・・

「腰痛と生理痛があるので、良くして欲しいんです!」

こうおっしゃるのは、30代女性のK様(仮名)です。


お話を伺いますと、

一週間前にギックリ腰になりそうになって、心配ということです。

また、生理痛が最近になって感じてきたそうです。(今まではそうでもなく・・・)

その他にも
・深く眠れていない
・げっぷが出る
・咳が多い
・右足だけ冷たくなる時がある
・流産
これらの症状が出ているお話でした。

最初に検査・確認を足から行っていきますと、

痛みがある所がお体に数多く分布していましたので、丁寧に痛みを取っていきました。

これは、日頃気づかないうちにだいぶ体が緊張状態になっている証拠です。


げっぷが出るなども胃の不調が原因していますが、その胃の上の筋肉が

硬くなっていて圧迫しているのですから無理もありません。


K様の腰痛の原因の一つとなっている、『大腸、空腸(小腸の一部)』

内臓疲労がありましたのでこれも解消。

背中側までひと通り施術すると、


K様「あ〜すごく体が気持ちいいです!」

お体に劇的変化は始まっています。


一週間後
私 「こんにちは。あれからいかがでしたか?良い変化はありましたか?」


K様「はい、すっごく体が楽で調子が良いです。あと生理痛が、かなり軽くてびっくりしました!」


私 「げっぷの方とか他の症状はどうでした?夜はぐっすり眠れましたか?」


K様「そう言えば・・げっぷ出なくなりました。ぐっすり眠れてます。」


右足が冷たくなるのも、なくなったそうでした。ただ、咳は減ったけど、これは

まだ時々出るということでしたので、この日はそこと生理痛

がさらに無くなる施術を中心に進めました。


咳に関しては、脳反射スキャンで原因をさらに調べていきますと、

肺に空気が入っていない個所がありました。

ここでクイズです。あなたは・・・


Q. 右肺は、上中下の3つの部屋に。左肺は、上下の2つの部屋に分かれているのは

ご存知ですか?

左右2つと思い込んでいませんでしたか?

当院へ来られる方でも、
病院・医療関係にお勤めの方以外で知っている方は誰もいませんでした。


K様の肺は、ご自身の脳からの情報では
右の上下2つと左下の計3ヵ所が、酸素で完全に満たされていませんでした。

※これは病気ではなく、体に起きている現象です。

その為、一度咳するとさらに肺の中の酸素が不足するので、立て続けに咳き込むことになるのです。


こちらの調整で、酸素が肺全体に満たされたことを実感。(満タン入ると解ります。)
 
また、生理痛に関しては、骨盤内の隔膜調整を施しました。


K様「今日も、楽です!ほんと来て良かったです。」

次は、3週間後に経過確認といたしました。



今週の写真館
先月、当院へ不妊施術の通院でお2人目のお子さんを1ヵ月半で
スピード妊娠されたT様から感想のアンケートを頂戴しました。



IMG_5617.JPG
こちらこそ “感動”をありがとうございます!
本当に、おめでとうございます。



20160421_091740.jpg
置賜方面にドライブ中に長井市の有名な『久保桜』を観に立ち寄りました。
樹齢1200年!で、国の天然記念物指定だそうです。
かなり老朽化していましたが、観光で来られる方は結構多かったです。
桜の季節もそろそろ終わりですね。


本日これまで!また来週。


posted by セラピスト佐藤 at 17:46| 山形 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理痛・生理不順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

カルテNo.266 『原因不明シリーズVol.5/スイッチが入ったように咳が続いて止まらない!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


東京のH様!念願の妊娠おめでとうございました!! 感動です。

『妊娠できました!』のお電話を頂きまして、本当にありがとうございます!

H様は、ご主人の転勤で山形にいらした時に不妊施術で1年以上通われていたのです。(大分頑張りましたね!)

お体には、お腹の痛い所も硬いところも無くなり・・


「あとは妊娠待ちの状態で、時間の問題だと思います。」と申し上げていましたが、

東京に昨年転勤で行かれて気持ち的にも変化があったのでしょうか、とうとう・・・

お電話では、もう妊娠6ヶ月ということでした。(ヤッタネ!)


さらに、当院へ通院で二人目をすでに妊娠されて臨月だったI様、

ご出産おめでとうございました(お一人目も当院でした。)

先月3/15に整体でいらっしゃっていて、3日後に出産したそうです。


これから赤ちゃんを望んでいる方、彼女たちに続いて頑張りましょう!



今週のクライアント様は、『咳が止まらなくなる』お悩みです。

「1年前から、急に咳き込むようになったんです。」



こうおっしゃるのは、お知り合いのご紹介で来られたK様(40代女性)です。


1年前に風邪をひいてからこの症状が出るようになったそうです。その前には

お体の手術もしており、その後から既にその兆候が出ていたようです。

ご本人のK様も「手術の影響」か「風邪の影響」か判らず、病院🏥でも、

アレルギー喘息(ぜんそく)の反応も出ず、原因不明のまま、

医者に出された咳止めなどの薬を服用しているが、

改善がみられていないということでのご来院でした。


1年も前から続いていて病院🏥でも原因がはっきりしない症状であってのご紹介ですから

最初から『脳反射スキャン法』で調べていくことをK様に伝えて始めました。

脳からの情報を筋肉からキャッチしていくと、

左右の肺の空気が、半分程しか入っていないという応えでした。

(※病気ではないのですが、そのような『現象』が起きています。)

つまりこういう事です。

半分しか入っていない肺の空気(酸素)

最初の1回の咳でさらに吐き出してしまうのですから、その後苦しくなって

スイッチが入ったように咳込み出してしまうのです。


多くの方の場合、強い緊張があったりした時に、
肺が空気を満タンに受け入れられなくなってしまう現象が起きるようです。

体内重力軸を調整して空気が肺全部に入るようにしてあげましたら


K様「あぁ〜気持ち良く吸えます!沢山空気が入っているのが判ります!」


入ればわかります
今まであまり吸えていなかったことも、何か息苦しさを感じていたことも。

さらに、長期の咳でのどが炎症気味で痛みがあったようですから、

これも頸椎4番の刺激が必要と検査でキャッチしましたので、施術を行いました。

K様「のどが楽になりました。」


あとは、この結果の経過を見て頂くことといたしました。




今週の1枚
山形市もがほぼ満開になってきましたね。
先日、霞城公園近くまで行ってみました。


20160414_152430.jpg
青空にが映えていました。
あー心が洗われる。



本日これまで!また来週。
posted by セラピスト佐藤 at 15:19| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

カルテNo.265 『原因不明シリーズVol.4/整形外科で異常なし!それでも2ヶ月間続く腰痛の原因は何?』

こんにちは!セラピスト佐藤です。


県内でも桜の開花が始まって、入学・入社のお祝いシーズンですね。

お祝いと言えば本日、昨年ご通院のM様から妊娠のご報告がありました(妊娠12週目)

M様は、昨年のクリスマスあたりまでいらっしゃっていましたが、
早くも今年1月に妊娠されたということでした。
どうも、初の妊娠おめでとうございます!

そのM様の今日のご来院は、が痛くて寝ていられないというお悩みでした。
でも、お帰りの時は、痛みも消えてすっきり軽くなったとのことで安心しました。
どうぞ、赤ちゃんもご自身もお大事にして欲しいと思います。



さて、本日のテーマの方は・・・

「2ヶ月前から腰痛で、痛くて困ってます!」

こうおっしゃるのは、大学生のK様(20代女性)です。

詳しく伺うと、
大学のサークルでスポーツをやっていたら急に痛くなってしまったそうなのです。

あまり痛みが治らないので整形外科を受診したところ

「レントゲンでは、骨には特に異常はないので痛み止めを出しておきます。」

と、よく聞くような診察結果のようでした。

ところが、K様は痛み止めを飲んでも痛みが治まらず、

ついに我慢できなくなってネットで当院を調べてご予約くださったということでした。


(「これは、少々厄介な腰痛かも知れないな・・・」)


と、こう私が思ったのは

・痛み止めが効かない点。(薬が効いているはずの間も痛みがあった)
・痛みが2ヶ月間も続いている点。(普通は時間の経過で少し弱まるのでは?)


私 「どうした時に、特に痛みを感じますか?」


K様「何しなくても、イスにじっと座っているだけで痛いです。」

私 「そうですか。他にもありますか?」


K様「はい。あとは前に曲がった時に痛いです!」


K様に実際に前屈していただくと、45度位で痛みが出ています。

以上の痛みの条件を念頭に置いて施術を開始しました。


足の方から上へと検査しながら進めますと、特に腰から下(お尻〜ふくらはぎ)
の方に、圧痛個所が多く分布していました。

※圧痛(あっつう)・・・手のひらで表面から圧を加えると痛みがある。

施術で、ひと通り圧痛個所の痛みを取ってから確認してもらいました。


K様「あっ、最初よりだいぶ楽です。でも、痛みがあります!」


座っていると、じんわりと。また前屈すると、まだ左腰に痛みが出るのです。

筋肉反射療法も使いましたが、それでも腰の奥の方に痛みがあるようなのです。??


(「う〜ん、やはり一筋縄にはいかないか・・・」)


こうなると、『脳反射スキャン法』で調べてみるしかありません。


私 「上半身に原因は無いなぁ。下半身にも無い・・・んん!?」

腎臓で反応がキャッチできました!あと、膀胱(ぼうこう)です。

そう言えばですが、最初のカウンセリングの時に尿の回数を聞いた時に
だいぶ回数が少ないと確認していました。(2回/1日)

これでつながりました。

こういう方は、膀胱が超満タンにならないと「トイレに行きたくならない」のです。

その為、膀胱はもちろんですが、腎臓の方にまで負担が掛ることは明白。

膀胱炎腎盂炎になりやすい方は、要注意!ですね。

(「どおりで、じっと座っているだけでも痛くなるはずですね。」)


腎臓膀胱に対する体の重力軸の調整を行ったところ、

K様「あっ!曲がっても痛くないです!!」


なんと、床に手が付くほど曲がれました

私 「では、イスに座ってみてください。いかがですか?」

しっかりと座っていただきますと、

K様「大丈夫です!腰の重苦しい痛みも出ないです。」



どうやら、これで2ヶ月間原因不明の腰痛

一件落着!” いたしました。




今週の1枚
今年の1月、友人らとの新年会が『あの仙台の大雪』でお流れとなって
今回、遅めの『ゴルフ付き新年会』ということで
高田氏(左手の『居酒屋たかもり』マスター)が幹事。



20160405_194026.jpg
4月4日(月)は、ちょうど3日と5日が晴天で、その谷間
朝からの雨で、スコアはまとまらず・・・
夜の部は、乾杯までは良かったんですが、
この居酒屋さんは値段高め設定ですが、内容薄・・・
で、ちょっと盛り上がりに欠ける?新年会となりました。
まっ、こんな日もあります。


本日これまで!また来週。












posted by セラピスト佐藤 at 19:34| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする