最近の記事

2015年12月25日

カルテNo.257 『整体院巡りに終止符を!どこに行っても治らない腰痛の原因は!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


今日は、クリスマス。

でも、山形で雪の無い『ノーホワイトクリスマス』は、

いったい何年振りかちょっと記憶にないくらい前のことですよね。

それはそうと、年末年始は髪の毛・髪型も気になりますが、

お顔も気になりますね。

最近、
高額な小顔矯正のお店に行っていたという方が、料金格安激変わりする

当院併設、咲顔の元氣屋の『小顔リフトUPコース』

移って来られる方が、急増しています。

初回は、500円お試しです
ぜひ、試して驚いて、喜んでいただきたいです。



「2ヶ月前に重い物持って腰を痛めてから、治らないんです!」

こうおっしゃるのは、隣の市からお見えになったT様(50代男性)です。


私 「病院へは行ってみたのですか?」


T様「いえ、前に整形に行ったことありますけどシップだけだったので・・・」


私 「そうですか。お電話では、整体院2ヶ所に通っているとお聞きしましたが。」


T様「そうなんです。少し良くなったんですが、それからなかなか良くならなくて
通院間隔をもっと縮めて来てくれとも言われているんです。それで、こちらに。」


伺っていると、左足に痺れ(しびれ)が起きることもあるそうです。


動作検査をしてみますと、

@後ろに体をそらしていくと、腰上部の両側に痛みが出ます。

A前屈では、60度くらい前に倒した時点で左腰に痛み。しかし、そこを
過ぎると不思議ともっと曲がれるのです。

足から施術していきますと、ソケイ靭帯や前仙腸靭帯と言われる部分に問題ありました。

これらの部分を調整すると、


T様「後ろにそった時の痛みは無くなりました!」


何度も確かめていらっしゃいました。(2ヶ月間も痛かったのですから当然?)

しかし、前屈時の痛みは変わっていません。


私 「え〜失礼ですが、当院のHPはご覧になってますか?」


T様「はい、少しですけど。」


私 「そうですか、ざっとお腹や骨盤などの調整施術をしましたが、これで
前屈時の痛みが変わっていないとなると、腰自体の原因は少ないと思います。」

私 「今まで見たことも聞いたこともない施術だと思いますが、HPをご覧に
なったのでしたら、ここからは『脳反射スキャン法』でTさんの痛みの
『本当の原因』を見つけて調整します。」


脳反射スキャンを開始。

T様の脳からキャッチ出来た情報では、

私 「どうやら頭の右半球・・・右脳の後頭部の血流のトラブルが
原因ですね。そこから下行結腸(大腸の左側)に、しわ寄せが行って
左腰から足までの痛みを出しているようです。」

今、病気になっているわけではありませんので、脳からの情報に加えて

いろいろ説明をしていましたら・・・

T様「実は今年に、人間ドッグを受けた時、脳梗塞の傾向も指摘を
受けたことがあったんです。左手が痺れたこともあったものですから。」


どうやら、T様は心当たりがあったようです。


(どおりで、びっくりした顔をしていたわけです。)


からだ本来のシステムを回復させる調整をしてあげますと、


私 「では、立って確認です。」


T様「あっ、今までと全然違います!左のお尻にあった痛みがないです。」


2ヶ月間、整体院2軒行っておられて当院で3軒目。


これが3度目の正直か!な? お後がよろしいようで、

これにて1件落着!!


今週の1枚
ランパス(ランチパスポート)で、私自身2軒目のお店は
優勝軒(ファミリーボール内)です。


DSC_0041.JPG
ランパス対象は、味噌ラーメンです。
味は、フツーか?でも、540円は嬉しいですね。


今年も、ご愛読いただきまして本当にありがとうございました

来年もパワーUpしていきます

本日これまで!また来年。

















posted by セラピスト佐藤 at 21:00| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

カルテNo.256 『スポーツ少女に≪自己新≫を!3日前からのハムストリング痛を解消せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日、雪が少しちらついた程度でしたが、

来週はホワイトクリスマスになるのでしょうか?

これだけ降らないと嬉しいですけど、「だいぶ上に溜まっているんじゃないか?」

と思ってしまいますね。


本日のご依頼は・・・

「太ももの裏が痛いんです!背中と腰も走った後に痛くなります。」


こうおっしゃるのは、長距離選手女子高生(仮/A様)です。

お母さんがネットで当院を探して同伴してくださいました。

お話を伺いますと、3日前から両太ももの裏(通称:ハムストリング)の
痛みがとれないそうなのです。


私 「これまで痛くなったことはないですか?」


A様「あります。前に、接骨院で『肉離れ』と言われました。」


その時は、電気掛けやテーピングで一応納まっていたようです。
しかし、対症療法だけでは段々と難しくなってくるのでしょう。


A様「走った後、背中から腰も痛くなるんです!」

そのため、お母さんが娘に毎日マッサージをしてくださっているそうなのです。


母 「ここ最近、以前の走りが出来ないようで成績が出ていないようなんです。」


ベッドで検査〜施術を始めますと、

私 「両足の長さがだいぶ違いますねー。2cmも違いますよ。」

足を揃えた状態を見て頂きますと

A様・母 「えーっ?あっ、ホントですね。こんなに?」

私 「左足が長いから、グラウンドのトラックは皆左回りだから走りずらいでしょう?」

A様「はい、こけたりします。普通に真っ直ぐ走っても、なんか走りずらい感じはあります。」


こんな状態で走っていても、少し前まで早く走れていたということは・・・(期待


施術をしていきますと、意外なことに本人が痛みを訴えていた
『太ももの裏』にはあまり硬さがありません。

その下のふくらはぎの方が、かなり硬くなっていました。

これでは、普段から『冷える』『むくむ』もあります。

さて、2cm差があった両足がそろったのをお見せして立って頂くと


A様「すごく立ち易いです!足も軽い!」

喜んでいただけました。

しかし、太ももの裏の痛みは減少しても、違和感まだ残っているようです。


ここからは、脳反射スキャン法で調べてみました。

太ももの裏の痛みがどこから来ているか分かりました。


右脳血流〜上行・下行結腸〜太ももの裏(ハムストリング )がトラブルの流れです。

※トラブルは病気ではありません。が、不調ですね。


さらに、A様の走りの成績が落ちている原因も分かりました。


『左右の肺の上部』酸素が充分に入っていない状態が起きているのでした。

右前頭部に手を当ててもらうと

A様「あっ、すごく吸えます!入ります!」


そうです。ご存知のように
走るためには、より沢山の酸素が必要ですが、最近のA様酸欠だったのです。

それに加えて、ふくらはぎを始め、腰・背中の疲労。


私 「きっと、あなたも自己新記録が出るよ!」

調整を終えて、再度立って頂きました。


A様「すごーい!足上がる!体が超軽い!」


次のレースが、楽しみですね

私も期待しています。ぜひ、今度のご来院の時にご報告を待っています。



本日これまで!また来週。




















posted by セラピスト佐藤 at 09:14| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムストリング痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

続編! 『原因不明シリーズvol.2 /脳外科で異常なし!それでも消えない左半身のしびれ・だるさはどこから・・』の巻 

こんにちは!セラピスト佐藤です。

一昨日、いつも大会前になると調整にいらっしゃる女性(水泳選手)がご来院。

前回の調整後は、また『自己新記録(3回目)』が出たと聞いて、また嬉しくなりました。

あと0.04秒で表彰台だったそうで、もう少しでしたね。

インターハイ出場はもう決まっているそうですが、油断せずに頑張って欲しいです


なんなら、私が帯同トレーナーとしていきましょうか!?


さて、前週の続きです。

脳外科🏥での『MRI検査』では異常なしと診断されたH様
左半身のしびれやだるさがひどく、

ネットで探して当院へご来院されたのでした。

私は、『脳反射スキャン法』H様の脳からの情報をキャッチし始めました。

左ふくらはぎが苦しい➡すい臓、下行結腸
顔や首、手のしびれ・痛み➡左脳(後頭部)、心臓

という情報でした。
主訴の背中の痛みは、肺の酸素不足が影響していました。

勿論、病院で調べても異常無しですから、病気という範疇(カテゴリー)には
入りません。

不調、元気がないという状態と言えば分かりやすいでしょうか。

以上、それぞれの調整を実施してしびれや苦しさが無くなったのを
確認していただきました。

ただ・・

H様「左手の小指だけしびれがまだ感じます。」


私 「指1本とか数本のしびれの場合、頸椎調整で取れることが多いです。」

だからと言って、ボキボキはしないのでご安心を。

脳からの情報で出てきた『頸椎3番』に刺激を加えると、

私 「いかがですか?」


H様「取れました!大丈夫みたいです。」


私 「最初に、左が向きにくいともおっしゃっていましたが?」


H様「あっ、向けます!痛くないです。不思議・・。」


1年前から発症して半年前からひどくなった症状が、

次々とその場で消えていくことに、考えがついていけるかどうかです。

若い方は、素直に喜んでくださいますが、ご年配で頭が固い方ほど

この現実を受け入れられない傾向もあります。
(ちなみにH様はOKでした。)


確かに不思議不思議ですが・・・

逆に考えれば、体って、人間て、そうなっているんですね。

医学的にも『脳』はまだまだ解明されていないところが
沢山あるそうです。

これも事実ですね。 

この後、早くも3ヶ月経ちましたがH様からご予約ないところ見ると
症状は、落ち着いたのかも知れません。




今週の1枚
またまた新しいランチパスポート(1000円)をGetしまして、
先日は、掲載店の『らー麺 舷(げん)』に行って
540円(税込)の醤油ラーメンを食べてきました。

ここは、からあげの『仁亭』の姉妹店のようです。



DSC_0038.JPG
ライスがサービスで、餃子は追加しました。
メンマが通常の店の2倍ぐらいの長さで、
「あはっ!長い。」
という感じでした。味は、魚系のダシでしたね。

来る人来る人が皆、ランチパスポートを手にしていたので
正直その人気にビックリしました。


本日これまで!また来週。






posted by セラピスト佐藤 at 21:39| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

カルテNo.255『原因不明シリーズvol.2 /脳外科で異常なし!それでも消えない左半身のしびれ・だるさはどこから・・』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


転勤で、こちらに転居したお客様がおっしゃっていました。

「太平洋側の冬は、いくら寒くても明るい日差しがあるからいいけど
こちらは、曇りでどんよりした日が多くて体も重く感じます。」

気圧の影響は副交感神経を緊張させ、人によっては

頭痛や頭重の原因になったり、また気持ちもどんよりしてきますね。

私たちは、地上に住んでいていろいろな影響をきっと・・・



「手も足も顔も左半身の痺れとだるさが、ひどいんです!」



こうおっしゃるのは、
ネットで調べてご予約くださったH様(40代女性)です。

H様のこの症状が出始めたのは、1年前だそうです。


様子を見ていたところ、半年前から症状がひどくなって『脳外科』を受診したということでした。

いわゆる外傷は何も無いですから、

病院🏥では、脳のMRIを撮って調べられたわけです。


結果は・・

医師「MRIの画像からは、脳内に異常はありません。」

と告げられました。


しかし、H様の症状は相変わらずで様々な体のつらさがありました。

・頭が重苦しい(左)
・めまい、立ちくらみ
・胃がつかえる、胸やけ(5年前から逆流性食道炎と診断)
・咳が多い
・顔の左側に痺れ、痛み
・左を向くと首が痛い
・食事をすると、首が凝って重苦しくなる
・左手の小指の痺れ
・左ふくらはぎの痺れで寝返りしても苦しい

病院🏥で検査しても原因が解らない。

しかし、
果たしてこれら全ての原因は、心療内科的ものなのでしょうか?

その答えを見つけてあげなければなりません。

検査機器の画像に見えない原因は、本人の『脳』に聞くしかありません。


そうなると、『脳反射スキャン法』です。

からセラピストの方に情報が、『筋肉反射』や『波動』という形で伝わりますが

これは、かなりの訓練と経験がないとキャッチできません。


一般の方は、見たことも聞いたこともない検査法であり施術・調整法です。

だからと言って、すべての症状が1回で完全に消えるとは言えません。

しかし、多にして・・症状のひどい方ほど1回2回ですべて治らないとご不満のようです。

今までどこに行っても何も変わらなかった方が、実際に1回で大きな変化
起きています。良い変化があることは、今後の希望が見えるということです。

セラピストとしては、この快方に向かう現実を信じて頂きたいですね。

しかし、そのまますぐ安定できるかどうかは、

本人の回復力や生活習慣が関係・影響します。

それは、ごくごく当然のことです。

そのため、一般的には年齢も関係してきますね。(若い方は早い!)

さて、H様のこの症状ですが、
H様はどんな原因を訴えてくるのでしょうか?


本日これまで!また、来週。

今週の写真館
休館








posted by セラピスト佐藤 at 16:55| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする