最近の記事

2015年11月26日

続編! 『原因不明シリーズvol.1 /胃カメラには映らなかった“激しい胃痛の正体”を解明せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


いよいよ、全国的に雪の降る寒さになってきましたが

今週も体調管理して頑張りましょう


さて今週は、

医者でいくら検査しても異常がないのに

『激しい胃痛』が、定期的に起きて

大変な思いをされているM様(40代女性)からのご依頼の続編です。


脳反射スキャンで調べていった結果・・・

大元は、ハートへのダメージ(不安などによる強い緊張が原因のよう)でした。


これが原因で肺の空気が不足気味で、
特に左下肺には2割ぐらいしか入っていないようです。

皆さんも強い不安があった時、呼吸が浅かったり呼吸しずらくなった経験は
ありませんか?

過呼吸などの症状も、こういうことが原因と思われます。

肺の空気が少し抜けたりすることは、多くの方に見られる現象です。

病気というわけではないのですが、強いストレスなどにより
そういう反応が出るのが人間とも言えます。

左下の肺は、
ちょうど位置的に胃の辺りに重なってきますから
(※左肺は、上下2つに分かれています)
本人が胃の痛みと取り違えた可能性はあると思います。

なぜなら、肺の空気が抜けて痛みを感じるとは普通は聞いたことがないでしょうから。

また、
この激痛が、年に3〜4回。
およそ3ヶ月に1回の割合で起きるとお聞きしましたが、

M様は、営業のお仕事です。

目標や営業ノルマの大変な月と、痛くなる月が重ならないかお聞きしたら・・

やはりでした。

胃カメラやMRIに映らなくても、必ず何か原因はあるものです。


心臓のトラブルを調整したところ、何と

ガクガクして力を掛けられないとおっしゃっていた右膝

力を入れられるようになりました!! 

ただ、このまま安定するかは分かりません。

長年の症状ですから繰り返しの調整は必要と思います。
(10代のケガ〜手術後から)


しかし、良くなる希望の光は確実に見えてきたのではないでしょうか。



本日これまで!また、来週。








posted by セラピスト佐藤 at 20:13| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

カルテNo.254 『原因不明シリーズvol.1 /胃カメラには映らなかった“激しい胃痛の正体”を解明せよ!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近は、
「病院へ行ったんですが、なかなか・・・。人から聞いてこちらを予約しました。」
という方が、増加しています。


(※私も以前、痛くてどこに行ってもダメで困ったことがありましたが、)

現代医療でなかなか良くならなかった場合、

「どこへ行けば良いのだろう?」

「良くなる可能性を見つけて、希望が持てるようになりたい。」


そのような方々に
お力添えできるよう、ご期待に応えられるよう日々研究し、戦っております。




「検査で異常無しなのに、薬も効かないほど激しい胃痛が起きるんです!」


聞けば、「えっ?」と思うほど、穏やかでない内容のご依頼がきました。

あまりの痛さに夜中に救急に行ったほどとおっしゃるのですから。

この方は、M様(40代女性)という方で、車で一時間弱の所から
ご来院くださいました。   


整体院に、ここまでの内科的ご依頼はなかなか来ないと思うのですが・・??

ふと、ご紹介欄をよく見ると

「あっ、そうかO(オー)さんですか。」

(※Oさんは、どこに行っても良くならなかったのが、数回来てかなり良くなった方です。)

もしやと思いながらも、藁(わら)をもつかむ気持ちでお越しくださったのでしょう。
ご期待に応えたいものです。


M様「胃痛専門の強い薬も効かないんです!レントゲンも撮りましたし、胃カメラも飲みましたが、胃自体に何も問題がないというんです。最後は、精神的なものと言われてしまって。」


1年に3〜4回、つまり3ヶ月に一度の割合いで夜中に激しく痛むのが
何と20年前から続いているとおっしゃるのです。
(※実は、これもあとから胃痛原因のヒントとなるのでした。)

病院🏥では、レントゲンやCT、MRIで映らない症状、
血液検査等で異常がない場合、多くは『精神的なもの』と診断されてしまうようです。

ですから、
「心療内科も一応受診しました。」

と言う方も原因が不明の症状の方では、半分位いらっしゃいます。
しかし、ごく普通の方です。

そのためでしょうか、処方された安定剤など飲んだら気持ち悪くなって
すぐやめたというのも何人かから聞いています。
(正常な人が飲んだら・・そうですよね。)


仮に、『精神的に病んでいる』の見方からスタートしたら、別の原因があったとしても
見えなくなってしまいます。

私のスタンスは、常にニュートラルが前提です。
そうでないと、見極められません。



話はM様に戻しますが、

体のバランスから見始めた時に、体が左に傾いています。

M様「高1の時にケガで右膝の前十字靭帯を切って手術したんですが、それからは関節がガクガクして力が入らないんので体重を掛けられないんです。」



私 「では、反対の左足に体重を掛けて歩いているんですか?」

M様「はい、(こう・・)横に揺れた感じで歩いています。」


こちらの方も、胃の問題が終わったら何とかしてあげたい感じです。

その右脚の方の股関節の靭帯が約2cm緩んで長く
左右の脚長差がありましたので、取りあえず調整して同じ長さに解消。


主訴の『激しい胃痛の原因』を探るため

脳反射スキャンを開始しました。



本日これまで!また来週。

















posted by セラピスト佐藤 at 16:39| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 原因不明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

続編! 『天井の蛍光灯がまぶしくて起きる“フワフワするめまい”・・・リターン!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


フワフワめまい・・・って、『更年期障害』で起きるものなのか?

いや、
『更年期障害』という病気は無く、更年期に於いて多く見られる症状

なので、閉経などに伴って女性ホルモンが減ってしまうために起こる

ということになっているのでしょうねぇ・・・。(ホントですか??)


もしそうなら、女性ホルモン補充シールで緩和するか解消しても良いと

思うのですが、

医者から告げられたのは、
「このめまいは完全に良くなることはないですからね。」

ということでした。


※これに挑戦するのが、カルテNo.248『スーパーに〜』に続いて
 2回目ですので、タイトルは『・・・リターン!』です。


施術1回目
S様「4〜5日前から、左首の後ろから肩にかけても痛みがあるんです。」

脳反射スキャン法で、S様の脳から出ている情報をキャッチしていくと

左右の後頭部内に原因があると出ました。(脳内の血流トラブル)


これは、今血管が詰まっているというわけではないですが・・

頭部に痛みや緊張があったりするのを感じたことは、ほとんどの方がある
と思います。

この違和感も中できっと(MRIでも写らないでしょうが、)
何か起きているのであろうことは分かると思います。

それでなければ、外側から何もしていないのですから
痛くなるはずがないですね。

さて、S様の右胸上部と左胸下部の肺の空気も何割か抜けている情報でした。

ご本人に確認しますと、

S様「そうなんです!右胸と左わき腹あたりも痛くなるんです。」

まさに、そこは肺の空気が抜けている箇所と一致でした。

検査で原因があったところを調整していきましたところ


S様「蛍光灯がチカチカしていたんですが、無くなりました。」

起き上がっていただくと、

S様「あ〜楽です。息もたくさん吸えます!」

私 「フワフワめまいは?変化ないですか?」

S様「今は、フワフワした感じがないです。かなり良いです!」


一度で満足できる変化が起きたようです。


さらに安心できる状態まで調整して安定させるには
あと何回かは施術する必要があるだろうと思います。


前回のA様同様に
ご紹介で来られたS様も、すっかり良くなっていただければと思っています。

この続きは、『完結編!』として近いうちにアップいたします




今週の写真館

昨日のお昼は、行きつけの床屋のマスターおススメの、
成沢のドコモの東側にある
ラーメン専門店『つるつるかめや』に行って来ました。
米沢ラーメンで、醤油ラーメンと塩ラーメンのみ。

元々は、頭がつるつるした人だけで始めたのが
この店名の由来だそう。



DSC_0027.JPG
醤油ラーメン650円。
なみなみと注がれたお吸い物のような薄味で上品なスープ
好みが分かれるところかも。それに合わせて麺は極細縮れ麺

インパクトも薄いが、意外に癖になりそうな自然な味は・・・
また行くかも⁉


本日これまで!また来週。



posted by セラピスト佐藤 at 08:34| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

カルテNo.253 『天井の蛍光灯がまぶしくて起きる “フワフワするめまい”・・・リターン!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


世の中、同じような症状の方が近くにいたりして

さらに、たまたまお知り合いだったりということがあるんですね。👀

そして、その方がたまたま会ったら・・・



「フワフワめまいの症状があって、寝るとめまいが起きそうで怖いんです!」



こうおっしゃるのは、
お知り合いの方のご紹介でいらっしゃったS様(50代女性)です。

お話を伺いますと、
最初、4年前めまいが起きて同時に全身の皮膚が乾燥してフケのように剥がれ落ちたそうです。

婦人科を受診したところ、『メニエール病』と診断され
耳鼻科を勧められて7種類の薬を1年間服用。

その後めまいが治まったそうですが、今年2月にまた再発

フワフワめまいが、ずっと続くそうで再び婦人科を受診。結果、

『更年期障害』と診断されて、ホルモン補充薬(シール)と漢方薬、他に『めまい止め』を処方されたそうです。

医者からは、
「このめまいは完全に良くなることはないですからね。」

と言われたということでした。

S様「仰向けで寝ると、めまいが起きるので美容室(シャンプー)にも行けないし歯医者にも行けないんです。上からのライトが凄くまぶしく感じるんです。」


私 「ん?それって、ご紹介者のAさんも同じようなことを言っていましたが・・・。」


※A様・・カルテNo.248『スーパーに買い物に行けない女性・・』に登場。


S様「そうなんです!このまえAさんに会ったら、もう全然薬を飲んでいないって言うんです!あのAさんが・・・ホント信じられないです。いっつも薬ばっかり飲んでいて、私に『あんまり飲むと体に良くないわよ。』って言われていた人が、薬が全然必要ないっていうんですから。今、私が薬漬けで立場が逆になってしまって・・いったいどうしたのか聞いたら、先生の所を紹介されたんです。」



なるほど、直接聞いていませんでしたが、必要なくなってA様は薬をやめられたようです。

A様の場合は「スーパーの天井のライトがまぶしい。」と、おっしゃっていたのが
施術のヒントになりましたが、
S様の場合も原因も同じような所にあるのかも知れません。

お話を伺いながら、私の頭の中では施術の組み立てを始めていました。


S様が処方されている『ホルモン補充薬』は、シールで貼る簡単なものですが、
薬効は強力なようです。

当初1枚貼ったら、終わったはずの『生理』が始まって
その出血が止まらなくなったそうです。

今は、半分にカットしての使用となったそうです。


私 「シールと漢方薬の服用で、Sさんのめまいに変化はあったのですか?」


S様「いいえ、変わってないです。でも、他に何も方法が無いので言われるまま続けています。」


自己申告のカルテに記入された内容から、S様は腰痛もあるそうです。

さらに左のお尻からふくらはぎにかけて痺れ(しびれ)も起きているとのこと。

手足の冷え、頻尿(おしっこが近い)、のぼせ症・・
確かに更年期障害と診断されるような症状は多いです。


さて、どうなるかは来週のブログを乞うご期待




今週の1枚
皆さん、『ふるさと納税』って今年やってみましたか⁉
年末まであと2ヶ月ですが、国が進めているせっかくの制度ですから
やってみようかと思っています。




DSC_00261.JPG
他の県の市に寄付した分だけ(金額制約あり)
来年の住民税が安くなるのです。お得な点は、
寄付を受けた市からは、それに見合うくらいの
地元の名物商品が贈られてくるのです。
結構やる人が増えているみたいですね。
やるぞー(本も買ったし)

本日これまで!また来週。








posted by セラピスト佐藤 at 20:00| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする