最近の記事

2015年10月29日

カルテNo.252 『整体院って医者嫌い・病院嫌いの方には・・・イイかも!?』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


昨日、嬉しいニュースがありました。

2月〜5月の間、不妊施術通院していたI様がその後
お見えになっていなかったのですが、半年ぶりにご来院。

なんと、直後の6月妊娠していたということでした。

何度か来ようと思っていたそうですが、つわりがひどかったらしく
昨日の妊娠報告になってしまったそうです。

当時、精神的にかなり不安定になっていたところがありましたが
妊娠も含め、さまざまな悩みが解決されたようで本当に良かったです。

本日は、もう7ヶ月になったお腹からの圧迫からかソケイ部(脚の付け根)が
痛い、尾骨が痛い、頭痛がする、腹帯をすると胃が気持ち悪いetc・・・

最後は、「痛くなくなりました!また・・来たいと思います。」

来年2月が、予定日ということでした。



「側溝に落ちて足をひねったんです!何とかならないでしょうか!」

こうおっしゃるのは、脚のしびれなどの痛みで2月に一度来られたT様(女性)です。

当時、カルテには住所も年齢も書かなかった方(秘密主義?)でした。

今回は、
たまたま私が電話☎を受けたのでしたが、切羽詰まっているのか泣きそうなご様子でお話ししてこられるので、(人がいい⁉)私はご予約が一杯でしたが、何とか今回は無理して時間をおつくりした次第でした。


T様は、病院を信じていない人のようで今回も、

私 「病院へは行ったのですか?」

T様「いいえ、行ってないです。」

私 「そうですか。前回の左脚の痺れや痛みは、あれからどうでした?」

T様「良くなりました!ほとんど気にならなくなりました。」


確かに、そうでなければ
また別の症状で電話☎してこられることはないでしょうから、納得。

ケガの状況・経過としましては
二週間前に誤って転んで、道路わきの側溝に右足を突っ込んでその時に足首をひねったそうです。

最初は、痛かったのを我慢していたそうですが、一週間してから

そこが腫れてきたそうなのです。

ケガをした右足首だけでなく、両膝(特に左膝の内側)も痛いとのことです。


T様「あと、時間があればでいいんですけど・・左上の歯ぐきのハレが治らず繰り返していて、左の鼻からは2週間前から膿(うみ)が出るんです。」


私 「解りました。足の方が早く終わったら、やりましょう。」


私は、脳反射スキャンでT様の脳から発せられている情報をキャッチし始めました。

この脳反射スキャンでの情報ですが、
ご本人が、本気であればあるほど精度の高い情報がキャッチできることを最近感じています。

こちらの受信感度も上がるのでしょう。

これが人と人との信頼関係のコミュニケーションなのだと思います。

確かにこのことだけ取れば、通常想像する整体とは
らしくないことをやっていますので

特にご年配の方や、頭の固い方から信頼を得るまでは少し苦労します。


施術の方ですが、
T様の脳からの情報を次々とキャッチしていき、痛みが出ないための調整を施していきました。


私 「では、少しずつ足首に体重を掛けたりして確認してみてください。」


T様「あっ、大丈夫です!痛みが出ないです!」


ちょっと・・お互いに感動ですその場一回でですから。


感動の流れで、
『歯ぐきのハレ』『鼻からの膿』調整してしまいました。



今週の1枚

お昼に時々行くのですが、白山の方にある
そば処『つる福』で昼ご飯です。

ここは、テレビ番組で何度か紹介されている
お蕎麦の有名店です。(肉そばで名高い谷地で修業したそうです)


DSC_0024.JPG
おおーっと、食べる前に写真を。
鳥そばを注文しましたが、ネギもそばも
ボリュームあります!!
上に一味唐辛子を掛けたところです。
旨かった。


本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 22:18| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 捻挫(ねんざ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

続編! 『薬を飲んでいてもお腹をこわす!? 病院での症状名“過敏性腸症候群”』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


“過敏性腸症候群” と病院で診断されて、お薬を飲み続けているが、

相変わらずお腹をこわすとお悩みのT様の『整体施術』続編です。

T様の足から調べていきますと・・


右脚が左脚より1.5cmほど長い状態です。また、足の表面温度は
23℃ですから自己申告通り冷え性があると言えるでしょう。👀


腹部の筋膜やソケイ部の靭帯を調べていくと、硬くなっており

しなやかな感じがありません。トラブルがあることが確認できます。


私 「お腹の筋肉が緊張状態になっていますね。そのため腸など
内臓が圧迫されてお腹が苦しい状態になっています。」


まさにこのような環境が続くと血流が悪くなるだけでなく
腸の免疫力も低下してくるのでしょう。😞

活性化の施術を行いました。


2週間後・・結果は

T様「薬は、この前来た翌日からやめました。そしたら2〜3日下痢が続きましたけど、その後はピタッと下痢しなくなりました。」


私 「えっ、薬をすっぱりとやめてしまったんですか。少しずつなら
良いですけど、いきなり全部では反動が出たのかも知れませんね。」


T様「あの後はしばらく良かったんですけど、また下痢するようになって。」


私 「そうですか。効果は出たようですから、少しお続けになれば安定してきますよ。」


ちなみに、歯ぐきのハレの方の原因(これも何年も治っていない)
脳反射スキャン法で調べると、

心臓、空腸(小腸の一部)、上行結腸(大腸の一部)など関係あることが
脳からの情報としてキャッチできました。


これらのトラブルを調整する施術を行いました。

結果は次の施術の時に変化は出るかな?



本日これまで!また来週 


今週の1枚
今週から花屋さんを変えてみました!
院内のカウンターに少しの花を飾っていますが、
今の花屋さんが少し遠いので。



DSC_0016.JPG
花屋さんが変わると、花の印象も変わりますね!
ここから、今つぼみのカサブランカ系の花が咲きます。


本日これまで!また来週。









posted by セラピスト佐藤 at 09:03| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

カルテNO.251 『薬を飲んでいてもお腹をこわす!? 病院での症状名 “過敏性腸症候群”』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


最近テレビを見ていると、ハーフの女性タレントが増えてきていますね。👀

裏を返すとそれは、ハーフの方の好感度が高い

また、視聴者はそれを求めている ことの表れと

知り合いのセラピストの方がおっしゃっていました。

そのためでしょうか、

「『もう少し鼻を高くできませんか?』というご依頼が急に増えてきました」


と、咲顔の元氣屋(ロイヤル整体院内)店長の大原さんが言っていました。

(私)
「えっ?もうそんなこともできるようになったの?」


さて、本日のご依頼はタイトルにもありますように

「薬を飲んいてもお腹をこわすんです!」「歯ぐきのハレが治らないんです!」


こうおっしゃるのは、市内にお住いの30代女性のT様です。

T様は、幼少の頃からお腹が弱かったということで、数年前には

医者の診察で、

「過敏性腸症候群」と診断を受けたそうです。


※過敏性腸症候群
検査を行っても炎症や潰瘍といった疾患がないが、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。20-40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気である
(ウィキペディアから抜粋要約)


もちろん、投薬での治療しかないわけですが・・・

しかし、
T様は、その薬を増やしたり変えたりしながら2年間も飲み続けているのに

お腹をこわすとおっしゃっているわけです。

それでも飲む意味とは?


私 「お薬を飲み続けることをどう考えていますか?」


T様「私は、できれば飲みたくないです。効かないのに飲み続けることで体が心配です。」


私の所に同じ症状でみえられた方は、今まで何人かいらっしゃいます。


皆さん薬物治療を続けていましたが、良くならないと訪ねて来られたのでした。

結果、
しばらく通院して、皆さんお腹をこわすこと(下痢症状)は無くなりました。

事実、腸に病気があるわけではないということは判っているわけです。

簡単に言えば、『腸の免疫力』が低下して元気がない状態と言えると思います。


私は、体の免疫力を活性化させる技術のプロですから、信じていただければ
回復させることはできます。


さらに、T様は歯ぐきのハレが何年も治らないとも。

必ずしも、歯槽膿漏(しそうのうろう)とは限らないわけです。

一部の歯医者さんは知っているはずですが、内臓の疲れ・機能低下が
原因していますね。

その場合、
ハレは、歯ぐきが原因ではなく、他からの結果ですから
何年通っても難しいのではないでしょうか。

以上を踏まえて

では、施術にに取り掛かります。


本日これまで!また来週。


















posted by セラピスト佐藤 at 20:02| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

カルテNo.250 『坐骨神経痛・レベル5か!?蜂の一刺し”に例えられる激痛から救え!』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


『坐骨神経痛』は、なった人にしか解らない痛み・つらさがあるようです。

これも少しの痺れ(しびれ)から立って歩けないほどの(這ってトイレとか)

レベルの人までと様々です。

そして、これで悩んで、困って来られる方は当院でも結構多いのです。😞


基本的には、ケガではないですし、病原菌類のものでもありませんから

整形外科🏥を訪ねて、
レントゲン検査をして鎮痛剤の服用ということが一般的です。



「坐骨神経痛で、痛くて!・・良くならないんです。」



こうおっしゃるのは、以前にご来院したことのあるご自分の娘さんと
いらっしゃった60代女性のS様です。


A様「8月に腰から足にかけて痛みと痺れがひどくて整形外科に行っています。」


今日は、娘さんの運転 🚗でやっと来れたようです。

普通には痛くて動けない歩けない痛々しさが、その様子からも伝わってきます。


私 「そうですか・・整形外科では、どんな診断と治療をしてきましたか?」


A様「レントゲンを撮って、腰から来ている坐骨神経痛だということで、
(神経)ブロック注射をして、座薬を入れています。」

  「一番最初の頃の這って歩くほどではないですが、相変わらずかなり痛くてなにをするのも大変で・・・病院から車イスをお借りした時もありました。」



私 「そうですか・・ブロック注射を打つほどですからねぇ。」


A様「もう4回も打っています。それでも打った時だけで、すぐ戻ってしまって。」


私 「えっ、4回も?強い薬をそんなに打って大丈夫なんですか?」


A様「私もそう思うんです。だからあまり打ちたくないんです。
医者は大丈夫って言うんですけど。でも、あと方法が無いというので・・」



私 「分かりました。では、Sさんの脳からの情報を調べてみます。」


おおよそ検討はついていましたが、それはある部分に血流機能のトラブルが
起きているという情報でした。

その説明をするとともに、早速調整にかかりました。

すぐ痛みゼロにはならないまでも、半分ぐらいは痺れも取れてくるはずですから

実感できると思います。

間もなく

A様「あっ、お尻あたりから楽になってきました!」


この施術では、腰やお尻には触れていません。ここまでは両足への調整だけです。


私 「Sさん、これが(脳からの情報による)原因だという証拠です。」


さらに、頸椎(首の骨)の1番上への調整も実施しました。

しばらくして、

A様「あっ、歩ける!歩ける!楽です。」


私 「まだ一回の調整だけでは回復まではいきませんが、変化は判りますね。
希望が出てきましたか?」


A様「はい。いやぁ一生もとに戻らないかと内心、心配していました。」


私 「ちょっと遠くて大変でしょうが、少し通えばその都度良くなっていく
はずですから。」



その後、1週間〜10日位ペースで計4回。

A様の坐骨神経痛の痛みは、うそのように終息していきました。


一・件・楽・着



今週の写真館
先日の4日は、『山形まるごとマラソン』の開催日でした。


DSC_0018.JPG
秋晴れの中、皆さん頑張っています。
この辺は、スタートから10キロ付近だと思います。



DSC_0026.JPG
山大の四面楚歌の方々は、校門前で花笠音頭で応援です。

私も5キロぐらいなら・・走れるかな?💨


本日これまで!また、来週。









posted by セラピスト佐藤 at 20:43| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神経痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

解決編! 『男たちの悩みシリーズ VOL.2「背中から首がいつも苦しい!」』の巻

こんにちは!セラピスト佐藤です。


先々週の、カルテNo.248 
『スーパーに買い物に行けない女性!? 原因不明の症状を解決せよ!』

のその後がまだでした。  果たして、お悩みのA様の結果は・・・ 目


A様「大丈夫でした!」ぴかぴか(新しい)


なんと、

私の読み通りの結果となりました。眼鏡


前回
「なんか、あの蛍光灯のまぶしいのを見るとクラッと、きそうな感じがするんですよね。」

というA様の言葉がヒントひらめきになりました。


右脳、左脳の血液の流れや左右肺のトラブル(※いずれも病気ではありません

が、脳反射検査でキャッチできましたので調整を施したのでした。


後日に、娘さんと買い物に行ってみられたそうですが、すべてのお店で
大丈夫だったというのですダッシュ(走り出すさま)

本当に良かったですねexclamation×2

わーい(嬉しい顔)

さて、
こちらは、H様「17年前に骨折した『右足首と甲』が、いまだに痛い!」 の件ですが、

肝臓の脈管機能のトラブルと、左右の腸骨(骨盤の大きい骨)のズレ

原因とキャッチできました。

これを精密に調整しましたところ、帰り際に

H様「先生・・なんか、痛みがないんです。」


施術直後は、まだ痛みが残っていたようですが、時間の経過で

段々と引いてきたのでしたexclamation
もっと、時間が経てば変化すると思われます。右斜め上


最近、普通の整体院にはないハイレベルのご依頼が増えてきています。

イイですね。特別というのは。

世間には、スーパー家庭教師もいらっしゃいますから、私はスーパー整体師を目指して

前進していきたいと思います。猫



本日これまで!また来週。










posted by セラピスト佐藤 at 19:59| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする